ビジネスでも運用が必須となりつつあるSNS。
多くの企業が集客、促販、プロモーション等に活用しています。

しかしFacebook、Twitter、Instagramと全てを運用するには時間も手間がかかるばかりか、思うような成果を出せないと悩んでいる人が多いのも事実。
成果に結び付けられている企業はごくわずかです。

ではなぜ多くの企業は成果を出すことができないのでしょうか?

気づかないうちに不快な投稿

SNSにはそれぞれカラーと特徴があります。FacebookとTwitterでは投稿されているコンテンツ内容も違っていれば、使用しているユーザーの温度感も違います。
それを感じられるのは例えばこんな時です。
「Facebookで見ているときにTwitterの内容が流れてきて、なんとなく不快な感覚なる」
あなたもこんな経験あるのではないでしょうか。

運用するのが手間で、SNSを連動させ同じコンテンツ内容や写真などを投稿しているのであれば今すぐに改善をしなければなりません。
せっかく時間と手間をかけて投稿したとしても、成果を見込めないのは愚かユーザーはノイズと感じてしまっているかもしれません。

SNSは使い分けが必要

居酒屋で話すような内容をホテルのラウンジで話していれば、周りからは場違いな人という風に見られてしまいます。
逆もしかりで、その場合は周りの声にかき消されてしまいます。
SNSでも同じようにそれぞれ特徴を捉えたうえで、投稿するコンテンツ内容、写真を変え使い分けることが必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアカシテクノコンサルティングをフォローしよう!

プッシュ通知で更新情報を受け取ろう!

人気の記事

まだデータがありません。