依頼するならどっち!?フリーランスと企業のメリットとデメリット

クラウドワークスやランサーズなどのプラットフォームサイトのサービスが充実したことや働き方改革などによりフリーランスや個人事業主の方がだいぶ増えたように感じます。
特にIT業界ではパソコン1台、リモートでできる作業も多くあるので、その動きは顕著に現れています。
そのためアプリやWEB開発、ホームページなどをフリーランスや個人事業主へ依頼や検討をしたことがある会社さまもいるのではないでしょうか。

ではフリーランス/個人事業主へ依頼するのと企業に依頼するのとでは何がちがうのでしょうか。

動画マーケテイングの重要性とクリエイティブ制作のワークフローについて

注目されている動画マーケティング。なぜ現代の広告マーケティングで必要とされているのか、動画を使ったマーケティングを行う上で必要となってくる、クリエイティブ制作を行う上での制作フローと注意点をご紹介します。

なぜ!?概算でも開発価格が出ない理由

以前の記事でシステム開発会社は概算を瞬時に弾き出せる基準があるということを記事の一部でご紹介しました。

解説!システム開発の費用の決まり方

しかし、多くの案件では瞬時に概算が出てこないことが殆どです。

クライアン:「こんなシステム作って欲しいのだけど、概算でいくらくらいかな?」
システム開発会社:「今の段階ではいくらと申し上げるのは難しいです・・・」
開発を依頼したことがある方は、このようなやり取りに覚えがあるのではないでしょうか。

概算を弾き出す基準があるはずなのに、概算がでないのはなぜなのか?
どうしてこのような矛盾が発生するのか?
それにはしっかりとした理由があるのです。

基幹業務を効率化するシステムとは

社内でOffice書類等の共有化を行いたいが、共有化をしても個人保有しているものと、共有化したものとで、
作業状況に応じてズレが発生してしまう。
これでは目に見えて作業量が増すのは明らかです。社内だけではなく他社とのやりとりでも同じ状況が発生します
よね。その他にもOfficeのバージョンが異なって、なかなか共有化しにくい。

そのため如何にして共有を行えばいいものかと悩んだことはないでしょうか。
この問題を解決するために文書情報等のデータを共有化するシステムを構築するためにサーバおよびDBサーバを
設置し、一元化されたシステムを作成するためのクライアント・サーバの構成を考えてみました。